ネックレスの素材や生地

好感度や女子ウケする男性にオススメのネックレスの素材の種類をご紹介

投稿日:2017年5月7日 更新日:

男性にとって、時計やマフラー、靴などのファッション小物は、時間を確認したり、防寒対策や足を保護するためにとても重要なアイテムですが、ネックレスの場合はこれらのファッション小物とは異なり、何か重要な役割を果たしているわけではありません。

そのため、男性にとってネックレスは本来身に付けなくても良いファッションアイテムの1つなのです。

しかし、単なるオシャレアイテムだからこそ、正しく身に付けることで「好感度」や「女子ウケ」が良くなります。

そこで、今回は女性からの好感度がアップする男性にオススメのネックレス素材をご紹介します。

男女共に絶大な人気を誇るネックレス素材「シルバー」

様々な装飾品に用いられているスタンダードな素材「シルバー」は、古くから白く美しい輝きを放つ『聖なる金属』と呼ばれています。

ヨーロッパでは、富や豊かさを象徴する金属として食器にも使われており、職人たちはよりシルバーの魅力を引き出すために彫銀技術を磨き上げ、その高い技術によって誕生したシルバー製品は芸術の域にまで達するほどです。

そんな古来より多くの人々から愛されているシルバーを使ったアクセサリーは、現在、

  • 性別問わず身に付けることができる
  • 派手過ぎない
  • さりげなく身に付けることができる

と、幅広い世代の方々から人気を集めている定番のアクセサリー素材となっています。

また、シルバーの魅力はこれだけではありません。

シルバーは、金属のなかでも比較的柔らかい性質を持っているため様々な加工法が考案され、他の金属よりもデザインのバリエーションが豊富となっています。

さらに、個人差はありますが、金属アレルギーをお持ちの方々からは「他の金属はダメだったけど、銀ならば身に付けることができた」というお声が上がっています。

ただ、シルバーは純度によって傷付きやすかったり変形しやすかったりしますので、シルバーのネックレスを購入する際は、日常使用に耐えられる「スターリングシルバー」と呼ばれる純度「925」のものを選ぶのがオススメです。

シルバーと並ぶ人気のネックレス素材「ステンレス」

ステンレスとは、「Stainless Steel」の日本語略称であり、「錆びにくく汚れにくい鋼」という意味を持つ金属です。ステンレスといえば、スプーンやフォーク、洗濯機、冷蔵庫、毛抜き、パソコン、携帯電話、時計、電車車両など私たちの身の回りにある様々なものに用いられているたいへん優秀な金属素材なのです。

ステンレスは、主成分の鉄にクロムやニッケルなどを含ませた合金鋼であり、空気中に含まれる酸素が酸化剤となって「自己不動態化皮膜」を形成し、他の金属よりも錆びにくい性質を持つ金属となっています。

ステンレスには錆びにくい他にも、

  • 耐腐食性
  • 耐酸性
  • 耐熱性
  • 耐酸化性

など様々な耐性を持っており、医療分野や公共機関など様々なシーンで用いられるようになりました。

ところで、なぜステンレスを用いたネックレスなどのファッションアイテムが、シルバーと並ぶ人気を博しているのかと気になっている方も多いのではないでしょうか。

ステンレスが好まれる理由は、

  • 個人差もあるが、金属アレルギーの方でも比較的安心して身に付けることができる
  • 汗や汚れに強い
  • 変色しにくい

などが挙げられます。

ただ、ステンレスの錆びにくさはステンレス鋼種や加工工程などによって異なりますので、一概に錆びにくいとは言えず、さらに非常に硬い金属ですので、シルバーのような繊細で複雑なデザインのネックレスやリングなどのアクセサリーを作ることができないというデメリットがあります。

ステンレスには「オーステナイト系」や「マルテンサイト系」など様々な種類があり、ステンレスの種類によって特性が大きく変化しますので、ステンレス素材を用いたアクセサリーを購入する際は、「SUS316L」が使用されているものを購入するのがオススメです。

さりげないオシャレを演出できる素材「革」

シルバーやステンレス素材のネックレスもたいへん魅力的ですが、いま20代から30代のオシャレな男性を中心に人気を集めているのが「革」です。

革素材のネックレスは、よりカジュアルなファッションとの相性が抜群なので、さりげなくオシャレ感を演出することができます。

革素材のネックレスは、チェーン部分が革になっているものやペンダントトップの部分に少しだけ革が用いられている「ちょい革使用」のレザーネックレスなど様々な種類があります。

「でも、革素材のネックレスって黒や茶色ばかりでオシャレ度が低そう」と思われた方も多いかもしれませんが、最近では白や赤、水色などカラーバリエーションも増えていますので、オシャレの幅を広げることができます。

革素材を用いたネックレスの定番といえば、やはり牛革ですが、最近では豚革や馬革などを用いたネックレスも続々と誕生していますので、是非この機会に革素材のアクセサリーを購入してみてはいかがでしょうか。

今回は好感度や女子ウケする男性にオススメのネックレス素材の種類を3つご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

シルバー、ステンレス、革以外にも、ゴールドやプラチナ、チタンなどが使用されたネックレスもたくさんございます。もし、ご紹介させて頂いた素材以外のネックレスを身に付ける際は、「シンプルかつさりげなく」を念頭にオシャレを楽しむように心掛けましょう。

-ネックレスの素材や生地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした